前髪がくせ毛で曲がる?簡単対処方法はこれ!

 

くせ毛が一番気になる箇所、それは前髪ではないでしょうか?

顔まわりは髪の毛が細く、くせが出て曲がるし、それが目立ってしまう箇所でもあります。

そのため、美容室でも前髪だけ縮毛矯正をかけようかなとご相談いただくことがありますが、一度縮毛矯正をかけると真っ直ぐなりすぎることもあるのでしっかりカウンセリングさせていただいてます。

なぜならば、前髪だけまっすぐになってしまうと不自然になってしまうからです。

そこで僕がおすすめしたいのは、曲がる前髪の正しいセット方法を身につけることです。

下の画像をご覧ください↓↓

左:ヘアセット前 右:ヘアセット後

これはシャンプー後にドライヤーとワックスでセットしています。

ピンピンのストレートにはなりませんが、それだけでヘアアイロンや縮毛矯正をかけなくとも自然に曲がる前髪をまとめることができました。

今回使ったワックス、『プリュム・デュール』は自然なスタイリングを目指したい方には良いのではないでしょうか。

◆うねる前髪をプリュム・デュールでセット

渋谷区明治通りの美容室「クー・ド・ヴァン」の代表、Kojiroさんにお使いいただいてます

Kojiroさんは、今までハリウッドスターのヘアメイクも担当してきた美容師です。

どのようにセットするのか、具体的に解説していきたいと思います。

まず自分のつむじの方向を把握しましょう。

くせ毛の場合つむじの巻いている方向に曲がる性質があるので、ある程度全体を乾かしたら、つむじの方向に沿ってドライヤーをかけるとまとまりやすくなります。

基本前髪も、つむじの回転方向に分けたほうがまとまり易くなります。

しかし、曲がる前髪に関しては、ここからが重要になります!

最初から前髪を分ける方向にドライヤーをかけてしまうと、くせが強く出てしまい余計曲がり易くなってしまうため、まずは分けたい方向と逆からドライヤーをかけます↓↓

30秒程度軽くドライヤーで前髪を流したら、

最終的に前髪を分けたい方向へドライヤーをかけていきます。

これで前髪が『くるん』と曲がるのを防いで曲がりにくくなります。

次にパサつきを抑えるために、プリュム・デュールを髪につけていきます。だいたいこのくらい。

油分が多いため、少量で良いです↓↓

少量のプリュムを薄く伸ばして髪の毛全体につけていきます。

この時全体のボリュームを抑えるように、手で抑えながらつけていくようにしましょう。

つけすぎはベタっとしてしまうので本当に少量を全体に伸ばすイメージ↓↓

プリュム・デュールは髪の毛のトリートメントとしての効果も得られるワックスです。

髪の毛の表面をコーティングするのでくせ毛特有のパサつき、うねり、広がりを抑えながらヘアセットできます(スタイリング効果)。

最後に、ドライヤーの熱でワックスをなじませて、髪の毛全体をまとめて、完成!!

縮毛矯正みたいにシャキーンとまっすぐにしたくない人にはおすすめのスタイリング剤ですよ!

プリュム・デュールは固めなので、トリートメント効果もありつつヘアセットができます。

 なぜドライヤーとワックスで曲がる前髪をセットできたのか

くせ毛は一本一本が波打っていて、好き勝手いろんな方向に曲がっています。

それらを一本ずつ同じ方向揃える、というのは現在の化学では不可能です。

しかし、前髪全体を一つの『束』として考えてみてください。

 

メンズの髪型であれば、ドライヤーで前髪の束の向きをある程度決めてやって、

当店ではスタイリング剤で髪の毛同士をくっつけて束としてまとまり易くする方法をおすすめしています。

これによって曲がる前髪をまとめることができて、スタイルキープできます。

◆プリュム・デュールでグリグリのくせ毛をセットした動画↓

 

そして、もう少ししっかりまっすぐにしたい場合はヘアアイロンをかけてまっすぐにしてもOKです!

前髪のうねりを抑えながらセットするときは水が入ってないないワックスで、かつ固まらないものが使いやすいです。

簡単に説明すると、固まるワックスはくせ毛さんには使いにくいことが多いからです。

ドライヤー熱での伸び行くセットのお直しが難しいので、固まらない油分でできたヘアバームなどワックスが良いでしょう。

剛毛くせ毛をまとめるのにとても適しているワックスと言えます。

 

『前髪が曲がる』でお悩みのお客様の声は?

 

↓前髪がスタイリングでまとまった。と男性のお客様から喜びの声をいただきました。ありがとうございます。

以前モニターさんにお配りしていた当初が『プリュム・オム』という名前でしたが、今はプリュム・デュールです。

アイロンとの併用とのことですが、おすすめな使い方です。

アイロンはくせ毛の場合だいたい180℃で使いますが、そのくらいの温度で毎日使い続けると髪の毛が傷んできます。

日頃アイロンを使うのであれば150℃が良いでしょう。

プリュムワックスやプリュム・デュールをアイロンをかけた後に使うことで指通りよくスタイリングできますよ。

最初もお話ししましたが、前髪はくせが強くよく曲がる髪質です。

よってドライヤーだけでは物足りなさを感じる場合はアイロンでくせを伸ばすことをおすすめしています。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、くせ毛の人の悩み『前髪が曲がる』対処方法をご紹介しました。

要点をまとめると・・・

✔︎最初、前髪は分ける方向と逆方向からドライヤーをかけるべし!

✔︎スタイリング剤をうまく活用しよう

✔︎ヘアアイロンうまく活用しよう

おすすめの関連記事