ドライヤーって安いものから高いものまで様々だけれど、何が良いのかさっぱりわからない。高いものならきっと髪にも良いのでは?

美容院MAX原宿に寄せられるご相談者様からの質問でも、ドライヤーについては多くお問い合わせいただきます。

その時のご回答としては必ず『高いものは必要ない』と回答しています。美容師さんが高いドライヤーをお店で勧めてくる場合もあるかと思いますが、販売するとその分報酬がもらえるので勧めてくるという場合も少なくありません(もちろん本当にいいものを紹介している美容師さんもいらっしゃいます)。

ドライヤーの性能で髪が綺麗になることはありませんが、乾かし方で綺麗になることは十分あります。

そこで今回はドライヤーとその乾かし方について美容師の視点で回答いたします。

ドライヤーの値段は関係ない?髪は乾かし方が重要!

 そもそもドライヤーの役割とはなんでしょうか。

もちろん、「乾かすこと」ですよね。風で髪を乾かすのがドライヤーの基本機能です。 熱と風の強弱、重量は各メーカーで異なりますが、実は風量さえしっかりとあれば何を使っても問題ありません

もし重いものを持ち続ける自信がなければ、軽量で風量のあるドライヤーを選んでください。本当それだけです。 おしゃれなドライヤーが人気なのは、インテリアに溶け込むから、デザインがいいから、それにつきます。

ただ、機能面だけで考えれば『風量』がものをいいます。美容院MAX原宿ではダイソンのドライヤーを使用しています。風力があるし軽量なのでおすすめですが、お値段が高めです。

同じようなスペックの代用品というのはたくさんあるので、デザインにこだわりがなければ量販店で1万円ほど出せば、十分なものが買えます。

僕の美容室では施述中のお客様のお時間を大切にしているので、少しでも気分の上がる道具を、ということでダイソンを導入しているに過ぎません。性能+デザインがいいので取り入れています。

ちなみに昔流行った「マイナスイオン」は何の効果もありません。今やマイナスイオンという言葉で広告を出すのは禁止になりましたしね。ドライヤーで髪が潤うなら苦労はしないですね…。 「なんか良さそう」に騙されず、しっかりと正しい情報を得るようにしましょう。

もちろん、高いドライヤーを買う意味というのもありますよ。

例えば、4万円もするドライヤーを買ったら、ヘアケアを頑張らないわけにはいかない。と自分を追い立てられる、という意識が芽生えるという方もいらっしゃいます。

そこでヘアケアの重要性に改めて気づき、髪がどんどん美しくなるのであれば安い投資ですね。 美容室も同じです。安いところに通い続けていると、自分の意識レベルもそこまで。美容の意識を高めるために、少し背伸びしたサロンに通う。

美容院MAXにはそのようなお客様も来てくれます。とてもありがたいことです。

◆髪の毛を綺麗にする乾かし方

さて、あなたに合ったドライヤーを手にしたら、以下の通りに髪を乾かしてみてください。

1. 優しくタオルドライ

2. お風呂から上がったらヘアオイルで髪を保護

3. 毛先、中間、根本の順番に優しくクシでとかす

4. 髪の毛がやけどしない程度の距離で、根本から乾かす

髪の毛は神経が通っていませんが、皮膚と同じタンパク質でできています。熱さを感じないだけで火傷します。ですからドライヤーに手を当てても熱くない距離を保って乾かしましょう。だいたい30cmくらいは髪と送風口を離しましょう。

そいて、乾かし方と同じくらい重要なのが、最初の工程である「ヘアオイル」です。 ドライヤーの熱から髪を守り、髪の絡まりや引っかかりによる物理的なダメージを軽減する役割をします。 ドライヤーにこだわるぐらいなら、ヘアオイルにこだわった方が、はるかに髪質改善に役立ってくれますよ。

こちらはヘアオイルをつけただけでどのように変わるか比較した写真です。

くせ毛のお客様のご意見を集めて作ったプリュムヘアオイルを使用しました。

>>プリュムヘアオイルの詳細はこちら

◆ドライヤーは何がいいのか?動画で解説

「結局、どのドライヤーを買えばいいのか分からない!」という方もいらっしゃいますよね。 僕がおすすめするドライヤーを動画で解説しています。 ダイソンを買う前はノビーというドライヤーを5年間、同じものを愛用していました。現場主義の素晴らしい商品です。 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は高いドライヤーの必要性について美容師視点で解説しました。

要点をまとめます。

・ドライヤーは風量が命。安くても風量があればいいドライヤー。高くても風量が弱ければいいドライヤーとは言えない。

・マイナスイオンは意味ない。すでに法律で禁止された。

・髪を乾かす前にヘアオイルをつけることがポイント。

以上です。

もしわからないことがあれば公式LINEへどうぞ!数千名様がお友達追加しています!

おすすめの関連記事