くせ毛をどうにかしたくて『髪質改善』という凄そうなワードに惹かれていませんか?『髪質改善』って定義が広くて美容室によって何を髪質改善としているのか定義が曖昧なのですが、大きく分けて3つのパターンがあります。

髪質改善はくせ毛の強さで選ぶ

まず、言葉だけが一人歩きしている髪質改善ですが、美容室で行われている実際の施術内容は以下です。くせ毛にとってのメリット&デメリットも一緒にどうぞ!

◆縮毛矯正 

メリット:強いくせ毛でもまっすぐになる デメリット:髪が傷む、まっすぐなりすぎる

料金:1回 1万円〜2万円

◆酸熱トリートメント(縮毛矯正に近い)

メリット:自然なストレート デメリット:すぐ取れる、強いくせ毛には効果がない

料金:1回 1万円〜2万円

◆一般的な洗い流すタイプのトリートメント

メリット:家でもできる、安価 デメリット:目に見えた効果はない

料金:700円〜1万円

縮毛矯正の原理

縮毛矯正の原理は、パーマ剤と似ており、まず、髪に薬剤を塗布します。この薬剤により髪の毛の表面のキューティクルを開いて、内部に成分を浸透させることで髪の毛を構成するタンパク質の結合(ジスルフィド結合)を一旦切断します。切断されたタンパク質をまっすぐに矯正するために高温のヘアアイロンで伸ばしていきます。そのあと伸ばした髪の毛のタンパク質を酸化させて固定するために2つ目の薬剤を塗ります。最後はシャンプーをして薬剤を洗い流して終了です。

この工程では、最初につける還元剤(チオグリコール塩酸)『親水性のミックスジスルフィド』が形成されて髪の毛を膨潤することでダメージを受けます。2番目につける酸化剤では、酸化によってキューティクル、コルテックスにダメージを与えることがわかっています。薬剤によりキューティクルをこじ開けること、タンパク質を切断すること、高温の熱を髪に与えることでダメージが大きいことを忘れないでください。

酸熱トリートメントの原理

酸熱トリートメントは美容院での施術は薬剤を髪に塗ってその後高温のアイロンで伸ばすことになります。上記で解説した縮毛矯正のように思われるかもしれませんが、従来の縮毛矯正とは薬剤が全く異なります。

一般的な縮毛矯正:薬剤に含まれる還元剤(チオグリコール塩酸)で、髪の毛の内部のジスルフィド結合を切断して、高温のヘアアイロンで熱処理して伸ばします。その後、酸化剤(臭素三猿水溶液や過酸化水素水)を使って形を固定

酸熱トリートメント:酸熱トリートメントは髪の毛内部の中間フィラメントのロッド内領域に新しい架橋を導入することでくせ毛を伸ばします。すなわち、タンパク質の結合を切断するのではなく、髪の毛内部にハリコシがでる新しいものを形成するということです。

縮毛矯正のように、髪の毛の内部のジスルフィド結合を切断することはしないので髪の毛が傷みにくいのが特徴です。

ちなみに酸熱トリートメントは発売当初、欧米において髪の毛内部架橋を形成するホルムアルデヒド(有毒)が有力とされていましたが、現在ではその毒性から規制がかかりました。そこで、毒性を考慮したαケト酸、特にグリオキシル酸を用いた『酸熱トリートメント』が開発されました。

しかしくせ毛を伸ばす縮毛矯正としての能力は従来の縮毛矯正と比べて弱いことが実験でわかっています。髪の毛は傷めにくい(やはりダメージはある)が、くせ毛を伸ばす効果はいまひとつ、というのが現実です。個人差はありますが、約1ヶ月でくせが出てきます。

洗い流すトリートメントの原理

洗い流すトリートメントは、一般的に家で使うトリートメント(コンディショナー)、美容室で使うサロントリートメントともに原理は同じです。傷んでしまった髪の毛の表面は穴が空いてデコボコしておますから、そこにトリートメントの補修成分がくっつき穴を埋めます。髪の毛の穴が埋まると指通りが良くなります。

このトリートメントも様々な種類のものがあり、大きく分類されるのがシリコン入りか、ノンシリコンか?というところでしょう。

シリコンは安価で製造できますから、他の補修成分を入れなくても傷んだ髪を覆ってしまえば質感が良くなります。ですから値段がお手頃なトリートメントにはシリコンが含まれていることが多いです。シリコン自体は有害なことは全くありません。

一方高いシャンプーにはシリコンが配合されていない『ノンシリコン』なものが多く、原価が高い補修成分が含まれていることが多いです。ケラチン、ヘマチンなどでしょう。

どちらが好みかは使ってみて判断することになりますが、長期的に美しい髪を目指すのであれば高いノンシリコントリートメントがいいでしょう。ただし、傷んだ髪やくせ毛が治ることはなく、手触りが良くするところまでしかできません。

くせ毛はワックスで綺麗にすることができる

縮毛矯正や酸熱トリートメントは毎回の美容室で2万円くらいかかりますし、トリートメントだと効果を感じない。そのような方にはプリュムワックスがおすすめです。トリートメントを固形化したワックスですからつけるだけでくせ毛特有のパサつき、チリつき、うねりを改善してくれます。例えば、髪質改善をしても1ヶ月でパサパサになってしまうお客様でもつけただけでこの通りです。

髪の毛の表面が散りついている場合でもつけるだけでこのようにツヤっとします。

毛流れを整えるのにも有効です。

縮毛矯正や酸熱トリートメント高額ですし、トリートメントをしても効果を感じられなかったくせ毛さんにはもってこいなアイテムです。100日分で3,180(+税)でお得です。>>プリュムワックスをみる

◆実際の動画

 

 

まとめ

今回はくせ毛に髪質改善は効果があるのか?ないのか?について解説致しました。

▼要点をまとめます

髪質改善とは定義が曖昧。美容室の施術では以下のことをいう

・縮毛矯正

・酸熱トリートメント

・洗い流すトリートメント

以上です。最後までお読みくださりありがとうございました。

おすすめの関連記事