大手雑貨店のワックス売り場やネット上で、アリミノメンシリーズを見かける機会が増えましたよね。

アリミノとはあの『アリミノ』?随分と見た目が異なる。

今までのアリミノワックスとどう違うのか?

 

アリミノと言えば、短髪でしっかり立ち上げるセット力が強いアリミノスパイスシリーズなどの「ハードワックス 」というイメージでしたよね。

ところが、新しく発売されたシリーズのコンセプトは「ナチュラル」。

近年のオーガニック ヘアケアブームに参入したのだろうと思います(^^)

 

【アリミノ】アリミノ メン ハード・バーム 60g 2700円(税込)

引用:https://www.arimino.co.jp/products/men/

 

使用感は・・・髪の毛が細い男性や、女性の緩い髪型など、

パリッと固めず、自然な感じのセットに使いやすいです

プロダクトなどののオーガニックワックスと従来のメンズワックスを足したものとイメージすればわかりやすいです。

プロダクトのヘアワックス、メンズが使うとこうなる記事

 

 

ただ、アリミノ メン 『ハード・バーム』はプロダクトや、Nドット、ジョンマスターオーガニックが出しているオーガニックワックスとは異なり、

全てが天然成分でできているわけではないようですね。

天然由来成分に石油化学薬品を合成した界面活性剤や、石油から合成した成分が含まれております。

 

ですので、今までのアリミノ製品『スパイス』との違いは

既存の石油由来成分に天然成分を配合することでナチュラルさに重点を置いたメンズワックス

という位置付けで良いと思います。

ツンツンにしたくない、ナチュラルにセットしたい男性にはおすすめのワックスです。

 

アリミノ・メン『ハード・バーム』成分を解説

 

では早速アリミノ・メン『ハード・バーム』の成分を見ていきましょう。

天然由来成分青文字 

石油化学成分または天然由来を化学反応させた合成界面活性剤など赤文字 

で記載しました。

 

キャンデリラロウドデカンスクワランポリソルベート60ステアリン酸ステアリン酸ソルビタンTEAサトウキビエキスチャ乾留液ガリカバラ花エキスデキストリンシクロデキストリングリチルリチン酸2Kトリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリルダイマージリノール酸ダイマージリノレイルカルボマーEDTA-2Naエタノールフェノキシエタノール、香料 ※香料は詳細不明成分につき解析していません。

※ここからは個人で調査した上での意見です。

 

天然成分97% と書かれたアリミノ・メン ハード・バームですが、

14成分植物から抽出、天然由来の成分

6成分石油原料や天然由来成分と石油系原料と反応させている合成界面活性剤、防腐剤

で構成されています。

 

14種類も天然成分が含まれているんです。メンズワックスにしては珍しいと思います。

さすが!素晴らしいですね!!

ただその反面、意外ににちょっと石油原料も使っているようです。

 

それなのに天然由来成分97% とはどういうことか?

 

これは私たちが勘違いしやすい表記なのですが、

植物由来成分に石油由来原料を反応させて作った、合成界面活性剤は『植物由来』と表記しても良いからだと考えます。

◆おでこや頭皮に刺激のある成分はあるのか

それでは、上記で見つけた成分について、詳しく見ていきましょう。

✔︎ポリソルベート60

引用:食品安全委員会 添加物専門調査会

アリミノメン『ハード・バーム』に含まれる成分ポリソルベート60ですが、2007年に発表された報告書によると、おでこに蕁麻疹、頭皮に軽度の赤みが見られたという報告書を見つけました。

いやいや、本当か?

そして、どうしてそのような成分を入れているのでしょうか?

まず、ポリソルベート60ですが、これは植物由来の界面活性剤のソルビタンエステルに石油原料の酸化エチレン(n60)を化学反応させた合成界面活性剤。

油と水を混ぜるために入れています。

アリミノメン・ハードバームは一番多い成分が水。水と油は混ざり合いません。ですから合成界面活性剤を混ぜることで、油と水を混ぜてクリーミーにしているのです。

この実験では25%水溶液で濃度が濃いため、蕁麻疹が出たという報告となっていますが、

このワックス自体には含有量が少ないので蕁麻疹が出る人は非常に少ないとは思っています。

ホッとしましたね。

ちなみにですが、オーガニックワックスは合成界面活性剤を使っていないので、そもそも水を原料には使用していません。

実験をしてみました。

 

●界面活性剤を一切使わないオーガニックワックスを3つ用意しました。プロダクト、プリュムワックス、プリュム・デュール。それらを容器に入れ、水を入れます。

 

●よく混ぜます。このように水と油は混ざり合いません。分離します。これが自然の摂理です。

 

●ここに合成界面活性剤(食器用洗剤)を投入します。

 

●合成界面活性剤(食器用洗剤)を投入しました。

 

●界面活性剤を加えたあと、混ぜます。すると、油と水が混ざり合い、乳化しました。これが合成界面活性剤の原理です。

 

確かに身の回りに溢れる一般的なワックスの成分中には、界面活性剤が含まれているというのは実情です。

とはいえ体質にもよると思いますので、全員が肌荒れを起こすわけではないと思います。

 

界面活性剤を使ったワックスが叩かれる理由

界面活性剤不使用のワックス『プリュムワックス』とは?

ステアリン酸ソルビタンは使わない方が良い成分?

✔︎ステアリン酸ソルビタン

引用:https://www.recolor.jp/seibun/sorbitan_stearate.html

致命的なアレルギー反応や皮膚炎の報告はされておりません。

使用実績も多く、合成界面活性剤の中では比較的安全性は高い成分と僕は考えます。

 

ただ、合成界面活性剤であることは変わりはないので、ネットの情報では神経質な方は避けた方が無難な成分としているところもあるようです。

僕の意見としては様々な化粧品にも使われている成分ですから、比較的優しい成分であると考えます。

界面活性剤は歴史が浅く賛否両論です。

最終的な判断は、使ってみて肌に合うか合わないか、という領域だと思います。

合成界面活性剤を使用したワックスが叩かれる理由は?

◆エタノールは刺激性あり?

✔︎エタノール

エタノールは現在は多くの場合、糖を発酵させて作ります。

ですので植物由来ではありますが、成分単体だとほとんどの人に皮膚に刺激性があります。

ただし、成分単体の濃度が濃い場合の話です。

このワックスは殺菌程度の少量のエタノールを入れているので、健康な肌の方はそこまで皮膚に影響はないと僕は考えます。

 

ただし、全員が大丈夫とは言い切れず、敏感肌の方は、かゆくなる可能性は捨てきれないと思います。

 

1982年から2008年のあいだで日本人におけるエタノール接触皮膚障害は、接触蕁麻疹38例、アレルギー性接触皮膚炎18例、接触蕁麻疹とアレルギー性接触皮膚炎2例、接触蕁麻疹と刺激性接触皮膚炎1例であり、

その多くはパッチ塗布5分後に紅斑が生じる即時型アレルギーで、まれに24~72時間後にも紅斑が持続または増強する遅延型反応も確認された

Journal of Healthcare-associated Infectionに掲載されている「エタノール接触皮膚障害症例と交差反応について」(文献4:2009)

これも人それぞれ、アルコールでかぶれやすい人、かぶれにくい人がいます。

フェノキシエタノール(防腐剤)の刺激性は低い?

✔︎フェノキシエタノール

防腐剤として加えておりますが、501 人の被験者を対象にした実験では、

5%の濃度で皮膚に炎症を起こした人は0.2%だったそうです。

オランダのスタンダードシリーズにおいて一般的な防腐剤の必要性を判断する研究で、接触皮膚炎の疑いのある501人の患者に14種類の防腐剤を適用し、ICDRGガイドラインに従って評価したところ、

1人の患者が5%フェノキシエタノールを含むワセリンで陽性反応を示した。陽性反応率は0.2%であった

引用:DeGROOT,A.C, et al.,1986

このような理由から、法律で含有量に制限がある成分なんです。

もちろん、このワックスもフェノキシエタノールの含有量は少ないので刺激なほとんどないと考えています。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はアリミノ メン『 ハード・バーム』の成分解析を行いました。

総合評価:★★★☆☆ 3

 

個人的な感想としては、普通のワックスには珍しく天然成分が多いです。

1000円前後のワックスを使うよりは髪や肌に良さそうです!

 

とはいえ、界面活性剤やアルコールが苦手な人は向いていないかな、とも思います。

もちろん人それぞれですから、『正直使ってみないとわからない領域』です!

ではまた次回、お楽しみに!

おすすめの関連記事