今回はドラマ、映画で大人気のモデルで俳優、坂口健太郎さんの髪型についてご紹介します。

一般人でも坂口健太郎さんの髪型を真似したい!

自宅のセットで坂口健太郎さんのような雰囲気を出したい!

というメンズの方々に坂口健太郎さんの髪型について解説します。

【お伝えする詳しい内容】

✔︎坂口健太郎さんの髪型が向いている人、不向きな人

✔︎美容院でのオーダー方法について

✔︎自宅でのセット方法と使用するスタイリング剤について

【最新】坂口健太郎さんの髪型が向いている人は?

 

✔︎坂口健太郎さんの髪型が向いているのは『くせ毛』『塩顔』であること

坂口健太郎さんの髪型は前髪に重心があり、おでこを隠しながら毛先をナチュラルに遊ばせているのが特徴です。

『くせ毛』を生かすのが特徴的で、これは薄くて中性的な色白な顔『塩顔系』にもってこいの髪型です。

坂口健太郎さんの髪質は弱めのくせ毛です。

撮影の際はくせ毛の上からさらにヘアアイロンやドライヤーをカールさせるようなセットで、『脱力系くせ毛感』を演出させています。

とはいえ、くせ毛といっても人それぞれで、実際はチリチリした強いくせ毛の人もいますよね。

そうすると、坂口健太郎さんのような柔らかい感じの雰囲気は出せないかな?

と思いがちですが、そんなことはありません。

チリチリしたくせ毛はくせ毛に合うワックスでスタイリングできます。

◆人気Youtuberがくせ毛、剛毛のためのヘアワックス『プリュム・デュール』使ってみた(かがさん)

強いくせ毛、ダメージ毛、ブリーチ毛におすすめしたいスタイリング剤でのセット動画です。

◆パサつきやすい髪質でも綺麗なパーマに見せるスタイリング動画(かがさん)↓

自然な感じに仕上げられます。

 

※原宿・表ちなみにですが、基本的に女優さんや俳優さん、モデルさんはパーマをかけずに撮影前にスタイリストさんにアイロンなどでパーマ風にセットしてもらっています。

撮影シーンやコンセプト、役作りによって様々な髪型に変えなければならないためです。

一般人がこの髪型を真似するなら、『くせ毛』『塩顔』のメンズに合う髪型と言えます。

とは言え、くせ毛ではなくても、直毛の方であればパーマをかければ再現可能です。

注意点としては逆に、日焼けした肉食系男子、濃い顔は似合わない髪型です。

濃い顔はどちらかというとおでこを出して『清潔感』をもたせた方が良くて、おでこを隠すような中性的な髪型は似合いません。

美容師をしていて、多くのお客様をみていますが、なりたい髪型と似合う髪型はどうしても違います

坂口健太郎さんの髪型、美容院でのオーダー方法は?

坂口健太郎さんの髪型を美容院で作るのはとても簡単です。

しかし、美容師さんへしっかりポイントを伝えないと、失敗します。

自分がイメージしていた髪型にならず、『こんなはずじゃなかった』とがっかりすることになります。

皆さんも経験したことがあるかもしれませんが、こんな髪型にしてください、とオーダーしても仕上がりはそのオーダー通りにならない・・・。というのは良くあることです。

この原因としては『こんな感じでお願いします!』といってスマホやヘアカタの画像だけ見せるだけでオーダーを済ませようとしてしまうことにあります。

ですから、しっかり言葉でこの辺は切りすぎないで、ここはこの長さで・・・

と伝えなければいけません。美容師とのコミュニケーションが大切です。

そんな最悪の事態を避けるために、『対策』として重要なことをまとめました。

◆美容師さんへのオーダーで大切なポイント

美容室で坂口健太郎さんの髪型にカットしてもらう時には、最低下記のポイントを伝えましょう

✔︎ポイント 前髪を重めに残してもらう

坂口健太郎さんの髪型に共通していることは、おでこを隠す重めのバングであること。

中性的な雰囲気を作るにはここが大切で、くせ毛の人にありがちな失敗が、重い前髪の対策としてスキすぎてしまうこと

それに、美容師さんもこの人は前髪が重いからスイいた方がセットが楽だろうと勝手に決めてしまうこともあります。

それを避けるために、『ある程度前髪は重めに残してください』と伝えましょう。

ちなみに、当店では重い前髪、くせ毛で曲がる前髪を落ち着かせるスタイリング剤をご用意しています。

✔︎ポイント 耳周り、襟足は短くスッキリカット

前髪は重めに残したら逆に、耳周り、襟足はスッキリカットしてもらってください。

前髪が重くて襟足、耳周りにボリュームがあるとメリハリがなくて『野暮ったく』見えてしまうので注意が必要です。

坂口健太郎さんの髪型セット方法とおすすめのワックスは?

✔︎ポイント 結論として、坂口健太郎さんの自然な髪型にセットするにはソフトワックスが適しています。

ここではハードワックスや、ジェル、グリースはあまり向いていません

なぜなら、ハードワックスは固すぎ、セット力強すぎで不自然になる。ジェルやグリースはツヤが出すぎで塩顔系男子には合わない。という理由です。

セット方法としては、ソフトワックスを適量(大豆1 個〜2 程度)手に取り伸ばして、揉み込むようにつけていくだけです。

とはいえ、剛毛やくせ毛の人にとって、硬いワックスでは、セットが上手くいかないということはよくありますよね。

そんな時はヘアバームなど固まらないナチュラルな仕上がりのものを。

なぜなら、ベタつき成分がまれていないので、つけて軽く揉む混むだけで簡単にセットできるからです。

例えば、プリュム・デュールの成分は、ワセリン・ミツロウ・コメヌカロウ・キャンデリラロウ・ホホバ種子油・アルガニアスピノサ核油・酢酸トコフェノール。

優しい使い心地で毎日使うのにとても適しています。

◆オーガニックワックスの欠点『セット力』を補ったのがプリュム・デュール

従来のオーガニックワックスの欠点はセット力が弱いこと。

そこで、ホールド力を加えた、メンズ向けプリュムワックス『プリュム・デュール』というメンズ向けワックスを作ったわけです。

 

くせ毛・剛毛のメンズが美容室でカットし、

プリュム・デュール使用して『坂口健太郎さん風』マッシュヘアーにスタイリング。

6時間後にスタイリングが維持できているかを評価してみました。

 

【プリュムワックス改良実験】

くせ毛・剛毛の男性がプリュム・デュールを使って、坂口健太郎さん風の髪型にセットしてみました。

 

 

ヘアアイロンは一切使わず、ワックスのみでどこまでくせ毛がまとまるかを評価。

 

ツヤ:★★★★☆  

ホールド力:★★★☆☆ 

ベタつかなさ:★★★★☆

ベリーショートを立ち上げるホールド力まではありませんでしたが坂口健太郎さんのような、ナチュラルな髪型にはしっくりきます。

まとめ

いかがでしたか?

今回は坂口健太郎さんの髪型について、美容院でのオーダー方法から、セット方法までご説明しました。

まとめると・・・

✔︎坂口健太郎さんの髪型が向いているのは『くせ毛』で『塩顔』であること

✔︎美容院では前髪を重めに残してもらうこと、耳周り、襟足は短くスッキリカットすること

✔︎セットに使うワックスはソフトワックス(当店としてはプリュム・デュールが使いやすいのでおすすめ)

おすすめの関連記事