こんにちは。

原宿表参道にある美容院MAXの戸来と、スタイリング剤プロディーサーのMameです。

当店ではくせ毛の男性にムースはおすすめしておりませんし、現在は客さまにも使用しておりません。

何故ならば、総合的に見て、ムースよりもくせ毛に合うスタイリング剤があることに気がついたからです。

 

その理由について専門家の意見を交えご紹介していこうと思います。

 

メンズのくせ毛にムースをおすすめしない理由は?

 

当店にはくせ毛など髪にお悩みを抱えたお客様が多くいらっしゃいまして、普通の髪質の人はほとんど来ません。

 

 

はじめは、スタイリング剤で一般的なワックス、ムースを使っておりましたが、

くせ毛に合わないこと、日々の使用で頭皮にダメージが蓄積することに気がつきました。

 

その点について詳しく解説していきます。

 

①くせ毛にムースはうねりの直接原因になる

 

メンズのムースの主原料は『水』『アルコール』『界面活性剤』です。

くせ毛は湿気や水気を含むとうねりやすくなってしまいます。

ということは水が主原料であるムースをつけると髪の毛はうねります。

 

 

くせ毛ってお風呂上がりとか、髪の毛が濡れて状態だとうねうねしていますよね。

それと一緒です。

 

ですから、くせ毛をもっとカールさせたい、という場合はムースを使用してもOKです。

しかし、くせ毛を抑えたい、という場合はムースは逆効果なので注意が必要です。

このように『くせ毛をパーマぽく見せる』という使い分けができるのであれば、ムースは役立つスタイリング剤です。

 

②ムースは頭皮にダメージがある

 

ムースに限ったことではありませんが、

一般的なメンズのスタイリング剤は『頭皮に悪い』というのは私たちの経験上、本当です。

ムースでかぶれた、というお客様を多く見ていますし、

確かに自分たちも使っていて頭皮にニキビができる、という経験をしています。

 

界面活性剤が皮膚に害を与えるというのは大げさだ!

とおっしゃる専門家もおります。

 

しかし、スタイリング剤に含まれる界面活性剤が『肌に悪い』という文献もあれば、

『肌に影響がない』としている文献もあります。

どちらの検証結果が多いとか・・・多数決で良し悪し決めるわけではありません。

 

事実、海外の論文を含めても、『界面活性剤で皮膚に刺激があった』という報告は出ています。

界面活性剤は開発されてまだ間もないです。長期的な使用でどのような害がるかまわからない成分です。

 

全ての人ほ頭皮に影響があるわけではありませんが、触れないに越したことはありません。

このような理由から、当店では界面活性剤やアルコール、香料、防腐剤を使用したスタイリング剤は一切お客様へ提供しておりません。

 

害があるかわからないのであれば、界面活性剤は使わないのが一番早いですよね。

 

界面活性剤の害について検証した記事はこちら

 

くせ毛にぴったりなスタイリング剤ってなに?

 

✔︎ワセリンを主原料としたスタイリング剤をおすすめしています。

くせ毛を落ち着かせたい、まっすぐに見せたいというのであれば

当店ではワセリンを使ったワックスのご使用をおすすめしています。

 

 

なぜワセリンがくせ毛に良いのか?

ワセリンは油分の中で最も化学的にに安定した成分です。

これが髪の毛をうまくコーティングすることで2つの作用が効果をもたらします。

 

①くせ毛を痛めることなく、髪の毛と外気との湿気の出入りを防ぐ

 

くせ毛は外気の湿気を吸って膨らんだり、うねったりします。

ですから、外気の湿気と遮断し、髪の毛内部の水分バランスを一定に保つ必要があります。

 

ワセリンをベースにしたワックスでは、外気の湿気をしっかり遮断できるため、ご覧のように、うねりと広がりを抑えることができるのです。

 

 

②光の乱反射を防いでまっすぐに見える

 

くせ毛は光が一定に反射しないので『チリチリ』して見えます。

 

 

ですから、油分で表面を覆ってやります。

 

 

 

このようにくせ毛は表面をコーティングして伸ばしてやることで、光の反射が一定になり、チリチリに見えにくくするのです。

 

ここで、じゃあワセリンだけつければ良いのか?

と考える方もいらっしゃると思いますが、

ワセリン単体を髪につけるとべっとりしまして、とてもじゃないがつけていられません。

ですから、当店ではワセリンのほか、アルガンオイル、ホホバオイル、ミツロウなどを加えて、ベタつかないワックスを作っています。

 

さらにはヘアオイルで良いのでは?

という意見もございますが、ヘアオイルですとくせ毛を物理的に伸ばす硬さがないため、

固形であるワセリンを主体にしたワックスが効果的なのです。

 

ワセリンワックス、お客様の口コミは?

 

業界初のワセリンを主原料にした『プリュムワックス』と『プリュム・デュール(先行発売時の口コミ)』の

お客様からのご感想をご紹介いたします。

 

◆20代男性 大学生

くせ毛で悩んで美容院MAXにお世話になってから、プリュムワックスは毎日欠かさずつけています。

普通のワックスだと、頭皮にニキビができたり、おでこが荒れたりしますが、このワックスは原料がとてもシンプルで肌に優しいです。

一回使うと普通のワックスには戻れません。

◆30代男性 社会人

プリュムワックスのヘビーユーザーです。

MAXさんに通う前はムース、ワックス、いろんなスタイリング剤を試しましたが、自分に合わなくて・・・

朝の時間がないときでも寝ぐせ直しをしながらセットできるのでかなり重宝します。

手についたワックスはそのままハンドクリームにもなるし、靴を履くときちょっと革靴に塗ったりしてます。

欠点としては、美容師さんも言っていましたがセット力がないので、もう少しパリッとするワックスを作って欲しいと思っていました。

もうすぐ、メンズ向けのプリュムワックス(プリュム・デュール)が発売されると聞いているので、その際は購入させてくださいね。

 

 

くせ毛・剛毛・頭皮に関するお悩みでしたら、無料で美容院MAXが解決への後押しができるアドバイス、おすすめ商品のご紹介をさせていただきます。

☆ご気軽にLINEお友達登録をよろしくお願いいたします♩

友だち追加

 

 

まとめ

 

いかがでしたか。

今回は『メンズ』くせ毛にムースをおすすめしない理由をお送りしました。

私たちがくせ毛にムースをおすすめしない理由をまとめますと・・・・

 

①ムースはくせ毛のうねりを強くする

ムースの主原料は水です。くせ毛は水を吸うとうねるという性質持っています。

②アルコール、界面活性剤が入っている

アルコールは肌刺激がありますし、界面活性剤は肌への影響が長年議論されています。

 

このような理由から当店ではお客様へムースは一切使用しておりません。

 

もしご興味があれば、品質と成分にこだわり抜いた美容院 MAXの商品をご覧になってくださいね。

美容院MAX商品一覧

おすすめの関連記事

Mame@サロン専売品プロデューサー

僕の髪質:剛毛・多毛・くせ毛

1990年生まれ ゆとり製法、悟り世代。

Webサイト運営・サロン専売品コスメ開発をしています。

ヘアワックス、シャンプー、スタイリング剤と言った各種コスメの主原料である『石油化学製品』に携わる仕事をしておりました。

その中で肌、髪に影響がある成分が多いことに気がつき、『本当に肌と髪に優しいコスメ』を作るべくM.Consultingを設立。

現在は原宿にある美容院『MAX』のサロン専売コスメ開発、都内のサロンのコンサルティングを担当しています。

化学薬品を使わないヘアケアについて情報発信、みなさんのご意見を元にプロダクトを開発しています。

—–原宿・表参道 美容院MAX『メンズの髪のお悩み』は下記LINE でお受けしております——-

友だち追加