こんにちは。

原宿・表参道エリアで美容院MAXを経営する戸来 正博と、ヘアワックスの開発を担当しているMameです。

セット力が強すぎたり、ベタつきが強いワックスは普段使いに向いていない、というデメリットがあります。

ですから、ベタつきがなく、固まることのないプリュム・デュールはメンズの普段使いのワックスとしてとても最適です。

『普段使いに適したワックスは何が良いか?』というお客様のご相談からプリュム・デュールを使っていただきました。

ビシッとキメたい時にはスタイリング剤として市販のジェルやワックスを使うが、

普段はそこまでつけません。

なぜなら、痒くなったり、抜け毛が気になるから・・・。

とのことでしたが、何もつけないとそれはそれで、清潔に見えなし、だらしなく見えてしまいます。

そのような葛藤があるメンズにはプリュム・デュールをおすすめしています。

普段使いにおすすめなプリュム・ワックスシリーズについて

こちらは、そのプリュム・デュールを使ってセルフセット(自分でセット)したビフォーアフターです。

その後、このワックスを気に入って普段使いとしてもお使いいただいているということでお家でセットした写メを送っていただきました。

前髪を立ち上げるために、今までは市販のスタイリング剤を使っていたお客様。

しかし、ベタつきの気になる市販のワックスでは、おでこにニキビができたり、セットの時髪の毛が引っかかって抜けたり、シャンプーでも取れなかったり、という悩みがあったそうです。

プリュム・デュールにしてからは、そのようなことを気にすることがなくなり、普段使いとして毎日仕事に行く時にはつけていっているとのことです。

ありがとうございます。

普段使いにぴったりなワックスは、固まらない?

 

あと、もう一点プリュム・デュールで気に入っていただけたことがありました。

それは、『セットの直しが効くこと』です。

プリュム・デュールはメンズにおすすめのスタイリング剤ですが、髪が固まる成分を含んでいません。

ですから、セットした後でも再度セットの直しが効きます。

例えば前髪ですが、市販のワックスは一旦、髪を下ろしてセットしてしまうと、固まってしまいます。

そうするともう立ち上げることができませんが、このプリュム・デュールはドライヤーで立ち上げただけでセットがやり直せます。

↓こんな感じです

普段使いで大切なのは無駄なベタつき、そして固まらないことが重要ですよね。

プリュム・デュールはワックスなのに柔らかく、べたつかない、固まらないのが強みです。

良い意味でつけていることを忘れることができます(普段使いではここが重要!)。

それにしてもなぜ、固まらないのにセット力もあるのか?

それは、メンズのスタイリング剤には珍しく、ワセリンを基剤に使っているからです。

ワセリンは良い面がたくさんある成分です。

硬い部分だけを生成すれば硬くなり、その逆で柔らかい部分だけ生成すれば柔らかくなる。

このように製造行程でテクスチャーを自在にコントロールできるのです。

そして、医療にも使われるほど安心な成分であり、髪、肌を傷めません。

また酸化しにくいため、『防腐剤』が不要です。よってプリュム・デュールには防腐剤を含んでいません。

それと、高い保湿、コーティング作用があります。これによって外気の刺激や湿気から髪を守ってくれます。

これは市販のスタイリング剤にはない、最大の利点です。

ワックスをはじめとしたスタイリング剤って全部使いきれなくて、硬くなって使えなくなった、いつのかわからないがずっと中途半端に眠っている。

という経験はあるとおもいます。

これって使っていてなんか嫌だな、合わないな、と無意識に感じているからではないですか。

朝から髪につけるのが億劫。

わざわざ手を洗わないといけない。

髪が引っかかって抜けるのが嫌だ。

化学的な甘い匂いがなんか嫌だ。

そういう要素が少しでもあると、全部使いきれないんです。

本当に良い製品は毎日使いたくなるものだと思います。

ですから普段使いにおすすめのワックス=毎日でも使いたくなるワックス

なのです。

化学薬品を含む製品は無意識に体が拒否してしまう。

ですから僕たちは体に害のない成分だけで製品づくりをしています。

ワックスに含まれる合成界面活性剤の害について実験結果

普段使いに必要な『程よいツヤ』は清潔感を生む

普段から何もつけない場合と、プリュム・デュールをつけた場合ではこのように清潔感に差が出ます。

これは、髪の毛の表面がパサついて、あるいはチリついて『パサパサ』状態ですので光の反射が一定ではなくなっていることが原因です。

そこでプリュム・デュールで髪の毛表面をコーティングしてあげることで、光の反射が一定になり綺麗な髪に見えるのです。

もちろんですが、手触りも良いです。トリートメントワックスとイメージしてください。普段使いのワックスでトリートメント効果を得るという発想です。

本当、パサついた髪だと、光が乱反射して綺麗に見えません。

特にくせ毛の人に場合それは顕著です。

くせ毛で、縮んでいる髪の毛にプリュム・デュールをつけてみます。

チリチリくせ毛におすすめのワックスについて

このように、ヘアアイロンをかけずとも、手で塗って整えただけ縮んだ髪の毛が伸びました。

普段の忙しい朝は時間がない方は多いです。時短にもなりますから普段使いにはおすすめです。

もともと、プリュム・デュールはくせ毛や剛毛を扱いやすくするワックス、という発想から生まれました。

そこで行き着いたのは、成分に妥協しないことが重要であるということでした。

そしてその結果はお客様からの感想、お声を全てにする。と決めています。

例えば、無添加、オーガニック、と机上でうたっても、お客様に使ってもらって、使いにくければ意味がないですよね。

僕たちの小さな美容室にできる強みは『お客様の生の声を聞くこと』です。

そのような理由から、僕たちの作っている製品は無駄に100%オーガニックにこだわったり、100%天然成分で・・・というところだけにはこだわりません。

その結果オーガニックの成分よりもアレルギー報告が少なく、化学的にも安定したワセリンを基剤に使っているのです。

ただ、ワセリン自体にもツヤはありますが、それ単体では不自然になってしまいます。

ですから、ツヤと保湿目的で高級天然オイルであるアルガンオイルとホホバオイルを配合しています。

普段使いを考えたワックスだから安全な成分のみ

普段使いおすすめなプリュム・デュールの成分を見てみましょう。

ワセリン、マイクロクリスタリンワックス、ミツロウ、コメヌカロウ、アルガンオイル、ホホバオイル、キャンデリラロウ、ビタミンE、パラフィン

これらは、日本よりもコスメの規制に厳しい海外の文献でも安心と言われる成分です。

合成界面活性剤、アルコール、シリコンは一切含まず、ヘアワックスが肌や頭皮についても痒くなることのないように作りました。

また、アトピーで普段から市販のワックスが使えないというお客様からもご相談いただいており、ご購入、現在も普段使いでご使用ただいています。

また、敏感肌の人や、ワックスの甘い匂いが嫌いな方にもおすすめです。

例えば、ワックスがついた前髪がおでこに触れると痒くなるという方からも、全くトラブルがなくなったとのLINEをいただきました。普段使いされているとのことです。

プリュム・ワックスシリーズのラインナップと口コミサイト

まとめ

いかがでしたか?

今回は、普段使いにぴったりなヘアワックス『メンズ編』をお送り致しました。

普段使いができるワックスというのは言い換えると、毎日でも使いたくなるワックスです。

毎日でも使いたくなるには、どれだけ肌と髪に優しい成分か?

そして、五感で感じる使いやすさが大切です。

普段毎日使えないものというのは無意識に拒否しているということ。

化学薬品を拒否するのは人間の本能です。ですから成分にこだわれば心から、使いたい製品となるのです。

おすすめの関連記事

Mame@サロン専売品プロデューサー

僕の髪質:剛毛・多毛・くせ毛

1990年生まれ ゆとり製法、悟り世代。

Webサイト運営・サロン専売品コスメ開発をしています。

ヘアワックス、シャンプーと言った各種コスメの主原料である『石油化学製品』に携わる仕事を長年続けておりました。

その中で肌、髪に影響がある成分が多いことに気がつき、『本当に肌と髪に優しいコスメ』を作るべくM.Consultingを設立。

現在は原宿にある美容院MAXなどサロン専売コスメ開発、プロデュースを担当しています。

化学薬品を使わないヘアケアについて情報発信、みなさんのご意見を元にプロダクトを開発しています。

 

—–原宿・表参道 美容院MAX『メンズの髪のお悩み』は下記LINE でお受けしております——-

友だち追加