こんにちは。剛毛くせ毛セラピストのMameです。

スタイリング剤を使っていて、それが接する皮膚が荒れるといことはよく起きる肌トラブルの一つです。

メンズの場合、出かける時はほとんど毎日スタイリング剤を使っていると思いますが、その反面、おでこが痒くなる、ニキビができるといった『代償』を伴ってしまいます。

どうして肌荒れという代償を受けなけれないけないのか?

『ワックスってそもそも肌に悪いじゃん。』

『肌荒れなんて仕方ないよ。』

と多くの人は諦めると思います。

しかし、成分をしっかりみて、どの成分が肌に優しくないもので、どの成分が肌に優しいのかを理解すれば肌荒れは防げます。

それでも肌荒れが起きるワックスを使ってしまうのは、何の成分がダメで、何が良いかわからないからですよね。

成分表を見て長ったらしいカタカナを見ても普通の人には危険性がわからない。

しかも、厄介なことにスタイリング剤の成分表記において、2001年に102 種類の『表示指定成分』の表示がなくなりました。

※表示指定成分とは、厚生労働省が肌トラブルなどが起こる可能性が高いと判断した成分や物質のことです。

その代わり全成分の表示が義務化されたのです。

これはどういうことか?

法律で指定するちょっと危ない物質は今まで法律で消費者にわかりやすく書くように決めていたけど、これからは自己責任で買ってね。

ということです。自己責任で肌荒れを起こすワックスを使ってしまっている。

ですから、この記事ではどんな人でも簡単に『肌に優しいワックス』と『肌に優しくないワックス』を見極めるためのノウハウを書いていこうと思います。

それがみなさんが自分の肌に優しいワックスを見つける最良の方法だと思います。

そして僕が一緒に肌に優しいワックスとして作っている、原宿の美容院MAXの商品、プリュムワックスとプリュム・デュールについても書いていきます。

市販のヘアケア商品を使わない?原宿・表参道美容院MAXとは?

肌に優しいプリュムワックスって何?メンズにも使える?

このワックスは女性向けの『プリュムワックス』とセット力があってメンズにおすすめな『プリュム・デュール』の2 種類があり、

メンズにはプリュム・デュールをおすすめしています。

なぜプリュムワックスシリーズは肌に優しいのか?

というと、ベースとなる成分がワセリンだからです。

ワセリンは肌に使用する油分の中で、一番安全な成分です。

そして圧倒的にアレルギーが少ない。

生まれたばかりの新生児の肌の乾燥を防ぐのもワセリンですよね。

ということはすでに私たちは生まれた時からこのワセリンに接しています。

擦り傷をしたらどうしますか?軟膏を塗りますよね。

軟膏もベースはワセリンです。

だから日々接している成分なのでアレルギー反応が起きにくい上に、肌荒れも起きにくい。

ちなみに日本にはこんな表記をされていたらだれもが安心するであろう、単語があります。

よく見かけませんか?

✔︎オーガニック ⇨本当は? 日本では食品のオーガニック認証基準はあるものの、化粧品についての認証基準が存在しない

✔︎無添加 ⇨本当は? そもそも無添加という言葉は法律で決まっておらず『何が無添加なのか謎』

✔︎天然由来成分 ⇨本当は? 石油由来成分などと合成したものでも天然由来の成分がちょっとでもあれば天然由来

このようにこれらの単語が入っているからといって肌に優しいわけではないです。

手作り風と書いて機械が作っているコンビニ食品と同じですね。

全ての宣伝を鵜呑みにしてはいけない。

ですので、先ほどお話したプリュムワックスシリーズですら『肌に優しい』と大きく言えるわけではないのです。

ただ、私たち美容室MAXはこの商品を何万人というお客様にお使いいただいておりますが、一度も肌荒れが起きたという報告がありません。

お客様のお声がすべてなのです。

◆市販のワックスは薬剤が合わないということで、プリュムワックスシリーズをお使いのお客様。

成分を見て安心したということでご購入いただきました。

その後悩まされていたお肌のアレルギー反応もおさまったそうです。

◆赤ちゃんの頃から馴染みのあるワセリンが主原料ですから、とても肌に優しいワックスです。 

2歳手前のお子さんにもお使いいただいています。

僕もうちの子に寝ぐせ直しで使っていますよ。

お子さんの弱い肌、細い髪にも安心してお使いいただけます。

 

メンズワックスに含まれる『肌荒れ』の原因物質って?

 

◆簡単に合成界面活性剤の見分ける方法

一般的なメンズワックスに含まれる代表的な成分として合成界面活性剤が挙げられます。

合成界面活性剤はワックスの基剤である水と油を混ぜて『乳化』させる役割をは果たします。

ワックスはクリーム状のものやジェル状のものがほとんどですよね。

ただ成分表記のカタカナで長い名前を見ても何がなんだかわかりません。

そこで界面活性剤の有無が簡単にわかる方法を書いていきます。

まず、普段使っているワックスの成分表記を見てください。

第一の成分に『水』が来ました。これだけです。

合成界面活性剤が含まれるスタイリング剤は必ず成分に『水』があります。

わかりやすいですよね?

まずワックスの裏面を見て水があったら合成界面活性剤があると認識してください。

これならば、みなさんも簡単に区別ができますよね。

見た目だとこんな感じです。

左が界面活性剤入りのワックス、左が界面活性剤なしのプリュム・デュールです。

◆合成界面活性剤はどうして肌に良くないの?

合成界面活性剤の刺激は小さいものから大きいものまで様々な種類があります。

しかし、人間はこのような化学物質に接することは長い人類の歴史の中では初めてのことです。

世界で最初の合成界面活性剤は1834年に発見されその後、第一次世界大戦後急速に様々な合成界面活性剤が開発されました。

すなわち、合成界面活性剤が肌を始め人体にどのように影響があるか知見がないのです。

例えば、ワックスに良く配合される成分『セテス』『ラウレス』『PEG』『TEA』。

これらはワックスにおいて代表的な界面活性剤です。

皮膚テストでは多くの人が刺激がないとしていますが、少人数肌が荒れたという報告がされています。

ですから界面活性剤は避けた方がいいのです。

合成界面活性剤を使ったワックスが叩かれる理由

◆防腐剤も肌に悪い?見分け方は?

防腐剤は成分表記の最後の数個に書いていることが多いです。

主に、『メチルパラベン』『エチルパラベン』『フェノキシエタノール』『安息香酸Na』など

『防腐剤無添加』と書いていても、その代わりにBG(ブチレングリコール)、ペンチレングリコールなどの抗菌作用のある保湿剤(水溶性物質)を使っている場合、それが原因で炎症を起こすこともあります。

水で落ちるワックスは危ない?水溶性物質が有害な理由

じゃあ肌に優しい成分だけのワックスってなに?

肌に優しいワックスというと、オーガニックワックスを思い浮かべると思います。

確かに合成界面活性剤や防腐剤など、人間に馴染みのない人工的な化学薬品よりも植物由来の成分の方が圧倒的に肌に優しい。

ただし、ここにも実は欠点があるのでお伝えします。

オーガニックワックスの主成分はシアバターですが、これは私たち日本人はもともと接することのない油分でした。

シアバターの原産はアフリカです。

現地では火傷や傷口にワセリンの代わりとして使ってきました。

しかし遺伝子的に日本人はシアバターには接して生きてきていません。

ですから、安全と言われているオーガニックワックスですら日本人にはアレルギーが出てしまう人も稀にいるんです。

これはどうしても仕方のないこと。

またシアバターは酸化すると悪臭を放ちます。

このような理由から僕はワセリンをベースにしたワックスが最も安全で肌に優しいと結論づけました。

ワセリンは安全と言われる天然成分のシアバターよりもかなり安定した成分で、アレルギーと酸化が起きにくいのがメリットです。

その考えから『プリュムワックス』と『プリュム・デュール』の開発に至りました。

◆肌に優しいワックスの条件

✔︎合成界面活性剤は一切使わないこと

✔︎合成保湿剤やアルコール(水溶性物質)は使わないこと

✔︎防腐剤が必要のない成分で作ること(ワセリンがベスト)

これらを考えを元に、多くのお客様のご意見を取り入れてプリュムワックスを作りました。

※あ、ちなみに香料も入れてません。香料に反応するアレルギーもあるので。

まとめ

いかがでしたか?

今回は肌に優しいワックスについて『メンズ編』として専門家としての意見を書かせていただきました。

ぜひこの記事を参考に、ご自身の肌荒れを起こさない最良のワックスに出会えることを願っております。

では、また次回!

『剛毛くせ毛セラピスト』Mame

1990年生まれ ゆとり製法、悟り世代、好きなことで生きてます。

ニックネーム:まめ

M.CONSULTING代表(サイト運営・コスメ開発)

新卒で国内最大手石油元売り会社、石油化学製品部門へ。

そしてコスメの主原料である『石油化学製品』製造で培った知識を元に起業。

化学薬品を使わないヘアケアについて情報発信、みなさんの意見を元にプロダクトを開発しています。

もともと『セラピー』と薬を使わない治療という意味で、そこから『剛毛くせ毛セラピスト』というなんともありきたりな?肩書きを使わせてもらっています。

その他髪質でお悩みの方のはご気軽にご相談ください。

みんなの意見で新しいスタイリング剤を作りましょう。

plume.wax.sato@gmail.com

僕の髪質:剛毛・多毛・くせ毛