ヘアオイルって女のものってイメージがありますよね。

確かに女性のお客様がご使用になられることが多いアイテムですが、男性にもぜひ使っていただきたいので記事にしました。

ヘアオイルはくせ毛のパサつき、うねりを抑えるのにとても効果的なアイテムですが、くせ毛に良いものと、くせ毛に良くないものがあるので、今回そのことについても書いていこうと思います。

くせ毛にヘアオイルは効果ある?メリット・デメリット

はじめまして。質問です。

くせ毛にはヘアオイルが効果があるとお聞きしましたが、それは本当でしょうか?

また、プリュムワックスやプリュム・デュールはヘアオイルとしても使えますか?

(MAXへメールでご質問 30歳男性)

結論から申し上げると、ヘアオイルはくせ毛に効果があります。

なぜかというとくせ毛の表面は不均一ですが、ヘアオイルをつけることでその具均一な表面がコーティングされるからです。

ただ、くせ毛にはオイル単体だとちょっとコーティング力が弱いんです。

ちなみにご質問にもあったプリュムワックス・プリュム・デュールは、天然ヘアオイルの『アルガンオイル』と『ホホバオイル』をワセリンでテクスチャーをつけたワックスです。

プリュム・デュールがそのワセリンを少し硬めにしてメンズのショート〜ミディアムヘアーまで使えるようにしたものです。

ヘアオイル単体をご使用になるのであれはシャンプーの後、髪を乾かす前や朝の寝癖直しにご使用いただくと、くせ毛特有のうねりとパサつきを抑えますが、これには一点問題があって、ヘアオイル単体は結構重たい(べっとりしやすい)のが欠点なのです。

そうすると、普段ワックスでセットしない人はいいのですが、ヘアオイルの他にワックスでセットしたいって人は、結構重くなります。

例えると、見た目的には髪の毛を洗ってない人のようになります。

ですから、普段からワックスで髪の毛をセットする方にはヘアオイルを使わないで、プリュムワックスやプリュム・デュールを普段通りお使いになることをおすすめしているんです。

あとはコーティング力がヘアオイルより強いことがプリュムワックスシリーズの最大のメリットです。

発売当初は女性のお客様がほとんどでしたが、最近は男性の方もお使いになられています。

そもそもプリュムワックスとプリュム・デュールは『アルガンオイル』と『ホホバオイル』を配合したワセリンベースのワックスですから、

普段のワックスとしてお使いただくだけで、ヘアオイルの効果が得られる⇨くせ毛が徐々に楽になっていく

という原理です。

この後にも書いていきますが、アルガンオイルとホホバオイルはかなり優秀なヘアオイル成分です。

普通のドラックストアで2000 円くらいで売っているヘアオイルは主原料がシリコンなのですが、僕はシリコンを使ったワックスやオイルはみなさんへおすすめしません。

その理由も後ほど述べますね。

ヘアオイルが入ったメンズヘアワックス『プリュム・デュール』について

ヘアオイルが男のくせ毛に効果的な理由

なぜヘアオイルが男のくせ毛に効果的なのか?

図を入れてもう少しわかりやすく解説していきます。

まず、くせ毛の場合は直毛と違って図のように表面が不均一、曲がりくねっています。

くせ毛の形は4 種類に分類されますが表面が不均一なのはどれも同じ。

●ちなみに僕の髪の毛を抜いてみるとこんな感じ。

他の記事でも書いていますが、スタイリング剤でこのくせ毛の表面をコーティングすることで均一性を持たせることが重要だとお伝えしています。

くせ毛チリチリで悩む男たちへ!解決方法について書いた記事

その役目を果たすのがヘアオイルなわけです。

ただメンズとしては、ヘアオイルは液体なので、ベチョっとなりやすい。

ですので、普段からワックスを使う人には『ヘアオイルの効果のある』プリュムワックスシリーズをおすすめしているんです。

くせ毛でもプリュム・デュール(プリュムワックスのメンズ向け商品)とヘアアイロンでこのくらいのストレートなら作れます。

毛先が傷みやすい人でもつけただけで、結果としてすぐに。

 

◆トリートメントはかなりコスパ悪いからやめたほうが良いか?

美容院で『トリートメントいかがですか?』って言われた経験ありませんか?

ヘッドスパと一緒に・・・みたいな。

そもそもトリートメントって一時的な効果しかないので3000円とかかけて美容院でトリートメントする必要は全くないです。

なぜかというと、トリートメントはシャンプーで落ちてしまうからです。

だったらヘアオイルやプリュム・デュールで毎日トリートメント効果を得ていたほうがお得です。

お客様に対して何が幸せかというと、無駄にお金をかけずに、自分自身が満足できることだと思います。

ヘアオイルは人工と天然の2種類!

ヘアオイルは人工的に作られたものと天然のヘアオイルの2種類があります。

人工的っていうのは主成分がシリコンなんです。

ここでお伝えしたいのは天然のオイルを使っていただいた方がくせ毛には良いということ。

天然のヘアオイルとは『椿油』『アルガンオイル』『ホホバオイル』など原料100%のものです。

(ただちょっと高めです)

◆椿油  100% 120ml   2484円

◆ホホバオイル 100% 200ml  2490円

◆アルガンオイル 100%   100ml  4190円

アルガンオイル、ホホバオイルは無印良品でも売っていますので手軽に手に入ります。

なぜ天然油をおすすめするのか?

世の中に出回っているものほとんどは人工的なヘアオイルですが、店頭で売っている2000円程度のものだと、シリコン油が主原料であとはアルコール、防腐剤でできています。(このほか香料とか入っています)

シリコンでできたヘアオイルの方が天然のオイルより原価が安く、伸びが良いからです。

シリコンは日本でいうと1980年代に椿油などの天然オイルに変わって原価が安くて使い勝手が良い成分として開発されました。

◆主なシリコン

・シクロペンタシロキサン

・ジメチコノール

◆溶剤

・エタノール

◆防腐剤

・安息香酸Na

・メチルパラベン

・フェノキシエタノール など

シリコンって頭皮に悪いって一時期話題になりましたよね。ノンシリコンシャンプーが出たり。

シリコンはシャンプーに微量入っているくらいだと、頭皮の毛穴を塞ぐなんてことはありませんし、むしろ手触りが良くなるというメリットがあります。

シリコンが入っている商品が全て悪いわけではないんですよ。

ただ、人工のヘアオイルは割合的に『ほぼシリコン油』でできています。シャンプーとは配合量が違うのです。

それにシャンプー&リンスはシャワーで洗い流すので成分と触れる時間はせいぜい5分程度。

しかし、ヘアオイルは基本洗い流しません。ずっと髪と頭皮についたままですよね。

シクロペンタシロキサン、ジメチコノールは皮膜を形成する特徴を持っていますから、人工のヘアオイルが頭皮についた場合、頭皮の健康状態を阻害することは十分考えられるのです。

また、アルコールや防腐剤は肌、髪への刺激が強いものが多く、逆に髪が痛むということもあり得ます。

このような理由から僕は『椿油』『アルガンオイル』『ホホバオイル』などの天然油をヘアオイルとして使用することをおすすめしているんです。

使い心地としてはアルガンオイルとホホバオイルがサラサラ系で椿油が粘性が高い感じ。

このような理由からプリュムワックスシリーズのオイルは『アルガンオイル』と『ホホバオイル』を使っています。

毎日ヘアオイルつけるのは面倒臭い!って方へ

ヘアオイルがくせ毛に効果的な理由は『髪の毛のコーティング』とお話しました。

そうすると日頃からプリュムワックスやプリュム・デュールをお使いいただくことで、髪の毛にヘアオイル効果を与えられます。

例えばくせ毛を改善しようとして天然のヘアオイルを買ったとすると、2000円とか3000円かかるので、そうすると時間と金が勿体ないと思います。

男はワックスで髪をセットする時間も考えなければいけない。

そうすると、スタイリング剤としても使えるプリュム・デュールは重宝します。

プリュムワックスシリーズはソフトとハードの2 種類展開であり、お客様の好みに合わせて混ぜてお使いいただけます。

まとめ

いかがでしたか?

今回はくせ毛でお悩みの男性に向けて『ヘアオイル論』を書いてみました。

そのほか、ワックスに関する記事や髪型に関する記事も書いていますのでご興味があれば読んで見てくださいね!

美容院MAXではくせ毛や剛毛、スタイリング剤が肌に合わない・・・などのお悩みに現役美容師、スタイリング開発担当者がお答えするLINEメンズ相談室を開設しました!

よかったらご気軽にお友達追加おねがします!

友だち追加

おすすめの関連記事