安いワックスはのベタつく!?

メンズのワックス、値段が高いワックス、値段が安いワックス決定的な違いは、ベタつきにあるでしょう。セット力という面(空気に触れてパリッとなる)では、同じくらいですが、使った感じ、安いワックスは油分多いのでべタッとなるものが多い。

これは、ほんの少しの差ではありますが、それがテクスチャーだったり、使い心地に影響を与えています。

髪質によっては、そのベタつきによって重くなってうまくセットできなかったりします。

例えば、猫っ毛の人の場合、同じセット力でも油分が多いワックスだと、その油の重さでボリュームダウンしてしまったり。その場合は、油分が少なめの高いワックスの方がボリュームをキープしやすくなります。

今話題にあげた高いワックス、安いワックスのくくりはこんな感じです↓↓

◆安いワックス:コンビニなどで80g  800円くらいで売っているメンズワックス。

◆高いワックス:その倍くらいの値段。ネットや美容室で80g 1500円〜3500円で売っているメンズワックス。

くせ毛の場合は高いワックスも効果なし?

くせ毛・剛毛の場合はそもそも、セット力というより、髪の毛のコーティングが重要。ですから、くせ毛の場合は、高いワックスでも安いワックスでも、実はあまり変わらなくて、何が正解?と悩んでいる人も多いです。

だから私たち美容室MAXではくせ毛専用のワックスを開発しています。

くせ毛にとって、市販のワックスは高いもの安いものも実際は大差がない、そしてくせ毛が扱いやすくなるわけではない。

その解決のため、プリュムワックスと、プリュム・オムがあります。

今まで多くのお客様の髪の毛を見させて頂いてきましたが、くせ毛にも、太い髪質と、細い髪質があります。

プリュムシリーズは髪の毛をトリートメントするワックスですので、そこは市販品とは大きな違いがあります。

市販のワックスは、『セット力』『匂い』『つや』が重要という考え。これは高いワックスも安いワックスも同じことです。

その中でベタつきやすいか、ベタつきにくいかのつがいがあるだけです。

その差というのは、直毛の人だったり、頭皮のかゆみや抜け毛、髪の毛が痛むなどの悩みがない人には向いていると思います。

高いワックス、くせ毛に効果があるのは肌に使えるもの?

くせ毛にとってみれば、セット力が・・・とか香りが・・・というのは正直あまり意味がないものです。なので、お店に並んでいるワックスで『こっちの方が高いワックスだからからいいかな?』と思って買っても、あまり大差はないです。

先ほど書きましたが、くせ毛は髪の毛表面をコーティングすることが大切です。

これはドラッグストアー並んでいる高いワックスでもできないことです。

最近は、シアバター系のワックス、肌にも使える『バーム』のワックスが流行っていますね。

これは女性むけに作られた商品です。もちろん髪の毛の表面をホーティングしてくれますが、圧倒的に足りないものがあります。

それはセット力です!

髪の毛をコーティングしつつセット力があるワックス?プリュムとは?

肌に優しい、頭皮に優しいというのは最近のオーガニックワックスブームで、世間の認識は広まってきました。

最近だとおそらく、みなさんのイメージは、

安いワックス=髪に悪い、頭皮に悪い、化学薬品

高いワックス=オーガニックワックス

って感じに移り変わっている感じでしょうか。

バーム系のワックスはくせ毛の凹凸をカバーしてくれて、程よくつやを与えるので、カールが綺麗に見えますし、界面活性剤が入っていないので、髪の毛を痛めません。

ただ、残念はのは、メンズにとってはセット力がない

なぜなら主成分がシアバターだからです。

シアバターっていうのは主にボディーバターとかハンドクリームの原料ですが、35℃くらいで溶けて液体になります。すなわち体温で溶けるということ。

溶けてしまうと、ワックスとしての役割を果たせませんよね。

そこで、プリュムワックスとプリュム・オムは主成分に白色ワセリンを使用しました。ワセリンはシアバターよりもセット力があります。溶ける温度が高いのです。体温では溶けません。

しかも白色ワセリンは医療現場でも使われるほど、安全な成分。傷口に塗るこができるレベルです。

シアバターより、化学的に安定していて、皮膚のアレルギー反応を起こしにくいという特徴があります。

このワセリンのテクスチャーの調整により、セット力を弱めた女性向けワックスとして『プリュムワックス』、セット力を強めたのが『プリュム・オム』です。

※メンズ向けワックス、プリュム・オムは2018年末発売予定

髪の毛をコーティングしつつもセット力があるので、オーガニックワックスと普通の市販のワックスのいいとこ取りに成功したワックスです。

まとめ

いかがでしたか?

今回はメンズの高いワックス、安いワックスの違いは何か?について書いてみました。

要点をまとめると・・・

✔︎市販のメンズワックス、安いものはベタつくものが多く、高いものはベタつきが少ないものが多い

✔︎直毛、毛猫っ毛は、ベタつきの少ない方がセットしやすい

✔︎くせ毛にとってはどっちもあまり違いはない

✔︎高いワックスなら、オーガニックなどのバーム系ワックスの方がくせ毛にはいいけど、それらはセット力がない

→なので、プリュムワックス、プリュム・オムなら、オーガニックだけどセット力があるのでオススメ!

以上です!次回は、左右片側だけくせ毛になる原因について解説していきます。

プリュムワックスのお買い求めはこちらから

このサイトではメンズの方の様々な髪のお悩みに無料でお答えしております。

ご質問はこちらまで→plume.wax.sato@gmil.com (返信まで数日かかることがあります)





くせ毛の佐藤
1989年生まれ
男性
職業 化学製品製造、ヘアワックス開発
髪質:剛毛・多毛・くせ毛

ゆとり製法、悟り世代
人の髪や肌に本当に良いものを作りたいという気持ちから、美容師の戸来とヘアケア商品の開発をしています。

日常に溢れているコスメやシャンプー、ワックス、洗剤などには多くの石油化学製品が使われています。得意分野は、界面活性剤の原料、化粧品や化粧水の溶剤です。美容業界に関する知識はゼロですが、化学的視点とくせ毛である消費者としての視点から記事を書いています。他社製品の批判は一切しません。