こんにちは。ご覧いただきありがとうございます。メンズの髪の悩みについて、おすすめのワックスや髪型を紹介したり、ワックス・シャンプーの各成分解説をしている佐藤と申します。原宿で美容室経営、ヘアケアアイテムのプロデューサーをしている戸来と共に髪の毛に関する情報を各サイトやブログで発信しています。

今回は、街のドラッグストアやネットで簡単に購入できる市販のメンズ向けワックスについて『頭皮が痒くなる』『抜け毛が気になる』『髪が痛む』『ベタつきをどうにかして』などのご意見をいただきましたので、その件について触れていきたいと思います。

ワックスによる抜け毛の原因は整髪成分?頭皮が痒い、髪が痛む、これって何?

メンズの皆さんがヘアワックスを使用する目的はなんでしょうか。髪に形つけて髪型を整えることですよね。しかし、そのワックスはあなたの髪の毛や頭皮、肌に与える影響を考慮されているでしょうか。ワックスの間違った使用方法であったり、CMや広告の宣伝文句に引かれ成分を考えず使って、頭皮トラブルを引き起こし、それらが抜け毛や頭皮の痒みにつながることもあります。

僕はワックスを使うことで、1日の抜け毛本数が2倍〜3倍(100〜300本)に増えた時期がありました。また頭皮にニキビができるなどのトラブルもありました。

そこでツイッターでワックスに関するつぶやき検索して見ました。一般のメンズワックスユーザーの声に、皆さんも共感できるのではないでしょうか?

✔︎メンズワックス使用による頭皮の痒みの原因

メンズのワックスは肌や頭皮につけることが目的ではありませんので、肌につくことを考えて作られてないのでは?という読者からのご意見をよくいただきます。そこで、コンビニでも売っている代表的なメンズワックス(製品名は控えさせていただきます)の成分表記を見ていきたいと思います。成分は、油、シリコン、両親媒性物質(乳化目的)、香料、着色料、酸化防止剤で構成されています。この中で直接頭皮が痒くなるものは何か。どうしてワックスで頭皮が痒くなってしまうのか

成分:水、キャンデリラロウ、パルミチン酸エチルヘキシル、シクロペンタシロキサン、パラフィン、セテス−20、ステアリン酸ソルビタン、マイクロクリスタリンワックス、ミネラルオイル、ポリオキシプロピレンソルビット、ステアリン酸、ステアリルアルコール、カプリリルグリコール、TEA、ジメチコン、カルボマー、パンテノール、ポリクオタニウム−11、香料、赤227、青1

◆頭皮の痒みに直接影響があると言われている物質の特定

上記の成分の中で実際に肌に直接影響のある物質を調査しましたが、特定できませんでした。(僕は嘘をつかないので、解析しても特定できないときは正直に分かりませんと言いますw)

ただしパルミチン酸エチルヘキシル、セテス−20、ステアリン酸という界面活性剤が含まれています。肌に低刺激だと言われていても、体質やその時の肌状況によっては、肌を痛める可能性があると考えます

⇨界面活性剤とは、簡単にいうと洗剤のこと。油は水に溶けないので分離しますが、界面活性剤を配合することで、水と油が混ざります。

また。下記の揮発性が高いシリコン、シクロペンタシロキサンに注目しました。物質自体は化学構造的にも安定してますので安全な成分と言われていますが、肌への低刺激が見られる場合があるというデータもあります

●シクロペンタシロキサン:安全性は高いが、肌への低刺激性が見られる場合がある

もう一点が、油が頭皮につくことによる、蒸れです。頭皮には毛穴が多数存在します。汗をかいていないと思っても、頭皮から自然に水分は蒸発しています。そこにワックスが付着して毛穴を塞いでしまったらどうでしょうか。頭皮が詰り、痒くなってしまいます。また、ワックスをシャンプーで落としきれないことも原因の一つです。冒頭でも書きましたが、メンズのワックスは髪の毛に形をつけて髪型を整えることが第一目的。よってベタつくものが多数です。シャンプーで落ちやすいメンズワックスは今まで出会ったことがありません。これらによって頭皮環境が悪化すると、健康な髪の毛が育たず、抜け毛にもつながることも考えられます。

✔︎メンズワックスを使用することによる抜け毛の原因

先ほど説明した頭皮環境の悪化による抜け毛の他に、もう一つ大きな原因があります。メンズワックスは整髪力を高めるために、髪を固める成分が含まれています。そのため指通りが悪く髪がキシキシしてしまいます。そうすると髪の毛同士が絡まったり、手でセットした時に手に引っかかって、ぶちぶちっと髪の毛が抜けてしまうのです。ワックスによって物理的に頭皮から髪の毛が引っこ抜けてしまうのですね。これが抜け毛の大きな原因です。

✔︎メンズワックスの使用で髪の毛が痛む原因

これは奥が深い話になります。難しい話ではないですよ。結構僕も自分の髪を実験材料に使って検証したりしました。結論から申し上げますと、ワックスによる髪が痛む原因は2つ

①ワックスによる髪の毛同士が引っかかり(絡まり)、摩擦でキューティクルが傷つく

②ワックスを落とすために二回シャンプーする。そのため髪や頭皮が痛む。一回ではワックスが落ちないので数回洗わざるを得ない。すなわちワックスの使用で負の連鎖に陥る

✔︎メンズワックスで手がベタつく

市販のメンズワックスの多くは、セット力を高めているため、ベタつきます。それらは抜け毛、頭皮トラブル、髪の毛を痛める原因になり得えます。

今日からできる?抜け毛を予防し、頭皮環境を改善する方法

日々の生活の中で、ワックスをつける髪がベタつくシャンプーでゴシゴシ落とすもしくは、洗浄力の強いメンズシャンプーを使う髪・頭皮・地肌が荒れる・・・という悪循環に陥ると、抜け毛や髪を痛めるといった頭皮環境の悪化を招きます。

だからと言って、ワックスをつけないとおしゃれに決まらない。僕もそんなジレンマに陥ってしまいました。

おしゃれや身だしなみの代償に、頭かゆい!抜け毛がひどい!髪痛む!みたいな感じです。

インターネットで調べると、敏感肌にはおすすめとか、抜け毛を防ぐシャンプーを使うと良いとか、抜け毛予防の育毛剤といった様々な情報が目に入ってきますよね。僕もそのような商品を使ってきましたが、結局ワックスを使ってしまうと、どうしても頭が痒くなってしまうし、髪が引っかかって、最終的に抜け毛につながるんですよね。ですので、頭皮環境を良くするには抜け毛などの原因であるワックスを見直しかないのです。

自分の髪質、肌質に合うベタつかないワックスを使うことで、抜け毛を予防し、高いお金を出して育毛剤を買う必要が無くなります。

しかし、メンズのワックスの多くはベタつきます。様々なワックスを使ってきましたが、残念ながら、メンズ向けで抜け毛予防になるベタつかないワックスには出会えませんでした。

女性向けでしたら、シアバター系のハンドクリームやリップクリームになるヘアバームは売っていますので試してみましたが、セット力は弱く、ワックスとしての使用はできませんでした。髪を流す程度なら使えますが、男性のショートヘアーの人にはおすすめできません。

そこで、現行のプリュムワックスを改良し、メンズ向けのプリュムワックスを作ってみました。実際に使ってみると、セット力は損なわず、ベタつかないという理想のワックスができました。頭の痒み、抜け毛など頭皮環境の改善を図りたい方にぜお使い頂きたいです。

おすすめのワックス プリュム・オム

プリュムワックスの原料は、ワセリン・ミツロウ・マイクロクリスタリンワックス、キャンデリラロウ、ホホバ種子油・アルガニアスピノサ核油・酢酸トリコフェノールで構成されています。全て肌にも塗っても良い成分です。

ただ、いくら髪や肌に優しい、抜け毛予防になるといっても、セット力がないのでは?と、心配になりますよね。そこが今回悩んだところです。女性向けのオーガニックヘアバームって最近流行っていますが、男性向けって売ってないのです。なので、参考にできる商品がない状態からのスタートでした。

でも20個くらい試作品を作ってみて、やっと納得のいくメンズプリュムワックスができました。1年かかりました(遅すぎ)。

モニターさんからも指通りが良く、抜け毛が減ったというコメントが多かったです。

そんなメンズプリュムワックスは2018年に発売予定です。

◆メンズプリュムワックスは抜け毛・頭皮環境で悩む方におすすめ!

✔︎ワックスのベタつきが気になる

✔︎ワックスが頭皮につくと痒くなる

✔︎ワックスによる抜け毛を防ぎたい

✔︎ワックス特有のキシキシ感が苦手

✔︎髪の毛を傷めたくない

✔︎甘い香りが苦手。無香料がいい

このような方におすすめです。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はメンズ向けワックスによる抜け毛などの頭皮トラブルと、その対策に役立つ商品についてお話ししました。

これを機会に、ご自分に合うワックスやスタイリング剤に出会えることをお祈りしております!

では!

くせ毛の佐藤
1989年生まれ
男性
職業 化学製品製造関係、ヘアワックス開発
髪質:剛毛・多毛・くせ毛

学生時代は木質バイオマス研究をしていました。卒業後は、化学系の知識を活かす為、石油化学製品製造関係の仕事に従事。

日常に溢れているコスメやシャンプー、ワックス、洗剤などには多くの石油化学製品が使われています。得意分野は、界面活性剤の原料、化粧品や化粧水の溶剤です。美容業界に関する知識はゼロですが、化学的視点とくせ毛である消費者としての視点から記事を書いています。他社製品の批判は一切しません。